赤ちゃんを守るなら|葉酸のサプリを飲もう

妊娠とコーヒー

先生

コーヒーとカフェイン

妊娠中はコーヒーを摂取するのはよくないというのはよく聞くことです。理由はコーヒーにはカフェインが多く含まれるからです。大人でも眠気覚ましにコーヒーを飲む方は多いです。それはコーヒーに含まれるカフェインが眠気を覚ましてくれるからです。カフェインには覚醒作用や興奮作用を起こす成分が含まれています。そしてカフェインは胎盤を通りやすい性質であるために、おなかの赤ちゃんにも影響を及ぼす可能性が強いのです。ですから妊婦のコーヒー摂取は避けるように言われているのです。しかし、実はそれだけではないのです。カフェインの作用には利尿作用もあります。その尿によって妊婦さんが多く取らなければならないカルシウムも一緒に排出されてしまうのです。妊娠すると自分のためだけではなく、胎児の骨や歯を作るためにより多くのカルシウムが必要になります。せっかく食事によってカルシウムを多く摂取しようとしても、カフェインの働きによって阻害され、排出されてしまうのです。ですから妊娠中は水や麦茶などで水分を補給するようにしましょう。

コーヒーの工夫

それでも、コーヒー好きのひとは妊婦になったからといってなかなかやめられるものではありません。ダメと分かっていると余計に飲みたくなります。そんな時にはカフェインレスのコーヒーがあります。さらにそこに一工夫することによって、妊婦にオススメな飲み物になります。それはスキムミルクを入れることです。スキムミルクは牛乳から脂肪分を取り除いたものです。牛乳は意外にカロリーが高く妊婦には気になるところです。そこで牛乳をスキムミルクに置き換えてカフェインレスコーヒーに入れることによって、カロリーは少なめで尚且つ妊娠中に必要なタンパク質とカルシウムを摂取することができるのです。またスキムミルクは料理にも幅広く使えます。おなかの大切な赤ちゃんのためにも、カルシウムを手軽に、且つ上手に取り入れるようにしましょう。